私が大切にしている言葉<原田陽子様>